読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空白

そこに描き出すしかないのだもの。

忘れかけた 本当は忘れたくない 君の名をなぞる

異動が決まった。

3月1日付で、福山へ配属。出たり入ったりだ。

懸念していた通りになってしまって、くやしいしかなしいしさみしいけれど、こればかりは仕方がない。

いまいる部署はしんどい、大変だと言われるけれどやっぱり花形で、そこでもっと巧くなりたかった。息も絶え絶えに生きてゆきたかった。

内示のとき、部長に「かかっちゃったね」と声をかけてもらえたことを支えにがんばる。出したくないと思ってもらえる人間であったのだと。考え過ぎだとしても。

この9ヶ月、もっとがんばれた部分もあって、それができなかったのはわたしの弱さで甘さだ。

でもその時間が、その後悔がこれからの力になる。

まだまだやりたい、まだまだやれる、まだまだやれた。

この仕事を好きだ。そう思える仕事につけたということを誇り続けるということ。

今度の部署は敵も味方もすくない。自分で自分をどれだけ律せられるか。

のびのびと呼吸しよう。おおきくなって、つよくなって、帰ってこよう。

この人と働きたい、この人みたいになりたい、最初の職場がそう言える人たちに出会える職場でよかった。もちろん、反面教師もたくさんいるけれど。

 

わりあい予感のようなものもあって、心の準備もしていたので衝撃自体は小さかったのだが、それでも同性の1つ上の先輩に「遠距離になっちゃうね」と声をかけてもらった途端、涙が溢れ出てきて自分でもドン引いた。

恋人はいたって合理的で冷静なひとなので、あらかじめ何度か話していて、「会えなければ10キロも1000キロも一緒だよ」と言ってくれて、「大丈夫だよ」と言ってくれるので信じ続けるしかない。

これからの3年は、きっと2人とも、それから先を決定づける3年になるから。

それぞれのフィールドでがんばろう。支え合いながら。

それにしても、2日連続で高校の同級生から結婚の報告を受けてびっくりだ。

もうそんな時期なのだと驚く一方、わたしはこんな状況で、恋人はもうしばらく学生なので、我々にはもう少し縁遠い出来事なのだった。

引っ越しの準備を進めないと。

 

新車がやってきた。非常に可愛い子ちゃんなので、テンションあがる。

大事に乗ろう。

いいこととわるいことは表裏一体。どの角度から見るかのちがいだけ。

いつだって独りじゃないのだよ。

そう自らに言い聞かせ、気を抜けば萎えてしまいそうな、砕けてしまいそうな何かを鼓舞するのだった。

なんと涙ぐましい努力!