読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空白

そこに描き出すしかないのだもの。

流るるまま枯れるまで涙

昨日は病院のあとバリサクとファゴットと勉強会

今は楽器を吹いていないけれど、彼女たちは私たちの代にとってのバリサクで、ファゴット

私はバスクラであるとおもわれているといい

性格も血液型も誕生日もてんでばらばらなんだけど、一緒にいるのがほんとうに楽で、自然体でいられます

だいすきだ

バリサクは一番クールなんだけど、すごく卒業を寂しがっていて、「帰ってきたら絶対教えてね」とずっと言っていた

なんだか意外だったけれど、そういうふうに思ってもらえていることはとても嬉しい

わたしとファゴットがものすごい勢いで喋るので、バリサクは基本的に聞いているか勉強しているかで、それでも勉強会のたびに「こんなに喋ったの久しぶり」と言って楽しそうで、毎回来てくれる

素敵な関係だね

ファゴットは中学からの付き合いで、たぶんかなり、似ている

だから同じ人を好きになるし(もう時効です)

志望校の変遷も同じ(最後の最後で私はまた変えるというか、戻してしまったけれど)

意地っ張りで、脆いくせに強がって、よく喋るくせに一番大事なことは言わない

お互いにそういうのがわかってるから、無理に聞かないし、言う必要もない

言わなきゃいけないこと、言いたいことはがんがん言うけれど

まさにマシンガントーク!

中学のときは木低、高校では低音軍をそれぞれ一緒に首謀しました

上に立つ人間としては、2人だと絶妙のバランスを保てるんだとおもう

木低のときはいちおうわたしがパートリーダー、ということになっていたけれど、ずっと「2人で3人前」っていうのを目指してた

似ているけれど、違うから

どこがどうとは言えないけれど、どこか根本的なところが

だからいろいろありながらもお互いを補い合えたし、こうして友情が続いてる

彼女の性格がかなり穏やかになったというのも大きいかも 笑

昨日の勉強会も、一昨日彼女が声をかけてくれたから開かれました

勉強会の最中も、約一時間ほどバリサクを置いて2人で参考書を探すたびに出ていました

大切な仲間たち、です

一年間の総括はしない

こんなにいろいろあった一年ははじめてで、どんなに書いても指の隙間からさらさらと砂が零れ落ちるように、書ききることなんてできないんだろう

いっぱい泣いていっぱい悩んで、決していい一年だった!と朗らかに笑えるものではないけれど

泣いた時間も悩んだ時間も決して止まっていた時間ではないので、大丈夫

それでもわたしは生きているんだもの、だから、大丈夫