読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空白

そこに描き出すしかないのだもの。

渡そうとしたら粉々になるよ

ちょっとだけお久しぶり

今日はまるっと私信です

こちらこそありがとう

そして言葉がきつくて、言葉足らずで、ごめんなさい

私は自分の大切な人たちの笑顔を守るためならなんだって(そう、文字通り、なんだって)する

それはやっぱり、自分も幸せでいるために過ぎない、エゴなんだけど

でも人間なんか結局エゴの塊であるし、私はそういう人間ってもの、というと語弊があるな、人間を包括した世界を愛してやまないし

そこに関しては、優しさがエゴの押し付けであるという点に関しては、それの何が悪い、と思っている

結局みんな気持ち良くなりたいんだよ、と言ったのはエピクロスだったかな

ただ、エゴの悪いところは結果として自分に返ってくるところだ

「みんな仲良く」と「みんなと当たり障りなく」だと、だいぶ神経の疲弊の度合いが変わってくる

前者を目指すことは全然悪いことなんかじゃないし、寧ろ素晴らしいことだけど、それをするためには優しさの叩き売り、つまりエゴの乱用をしなくちゃいけなくて、最終的に痛いのは自分だ

その痛みもすべて受け止めるという覚悟はできてる?

中途半端さや矛盾なんて人間ならみんな抱えているものです

それでも私がそこに齟齬や違和感を感じるのはここなんだ

私はあなたには辛い思いをしてほしくない

優しいということは他人の痛みに敏感であるということで

他人の痛みまでも自分のもののように感じてしまうということで

妙なところで繊細すぎるあなたは

それらすべてを受け止めようとする

私はあなたのそういうところを純粋に尊敬するし、そんなあなただから大切なんだけど

現実的には、そんなの無理だから

手を伸ばすことはいいことだよ

でも手が届かないことを理解して、手を伸ばしたほうがいいんじゃないだろうか、とか考えた

人にはそれぞれ世界がある

そこに踏み込むことの意味は驚くほど大きい

私が馴染まない理由や、一線を引いているように思われる理由は、臆病だからだ

脆弱であろうとなんだろうと、殻に守られていたい

あたたかい羊水に浸かっていたい

たとえずるくても

そうやってしか生きてこられなかった

どうしてもう少ししたたかになることができないのかな

なんかさみしくなってきた