読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空白

そこに描き出すしかないのだもの。

奏でるメロディは明日に放つハレルヤ

紅茶を飲もうと思ってお湯を沸かしていたことを忘れて、大半を水蒸気に変えてしまった

少し屈辱的だ

私には、やっぱり、ココアの方が合っている

紅茶も、ホットミルクも、日本茶も好きだけれど、私にはココアなのだ

なんでかはわからない、それでも小さい頃から残り少なくなったココアの補充をするのは私の役目で、空っぽになった私の心を補填するのがココアの役目

その分担は、きっとこれからも変わらない

本が読みたい

そうだ、読書案内に使いたいので武者小路を返してくれると嬉しいです。そして上手くいくことを願っています>こんなところで私信

なんだか、ハリネズミが恋しくなってきた

ブックカバーが好きで、よく集めている

ハリネズミはその中でも一番のお気に入り

水色の地に、可愛らしいハリネズミの刺繍がなされている

だからいつも詩集にかける

ちょっとした遊び心

小学館の2冊買ったら、という福山さんのブックカバーも応募した

届くのが楽しみ

あの人の写真はとても気品があると思う

彼の写真の師匠である植田昭治は、私が唯一写真集をほしいと心底思った写真家さん

興味がある人は調べてみてください

あの計算されつくしたユーモアは誰にも真似できない

冬休み最後の部活はユーモア溢れる大阪の講師の先生のレッスン

久しぶりに褒められて、純粋に嬉しかった

残ってほしいと言ってもらえた

いつも当然のように言ってもらえる人もいるんだけど、私はそうではないので、朝からしぶとく粘っていた頭痛と吐き気も吹き飛んだ

リードの調子も良かったし

パートリーダーと2人、ずっとにこにこ

アイコンタクトで、意思疎通ができるのは、彼女とくらいのものだ

その彼女と一緒にいられる時間も、刻々と減っていっている

それはとても残念なこと

彼女とは、部活という接点がなくなっても、ぜひとも交流を続けていきたい

残れないのはわかっている

本音としては残りたい

でもできる限り、そう、as can as possible、はやく、抜け出さなくちゃいけないことはもっとよくわかっている

じゃないと私は永遠に抜け出すタイミングを逃してしまう

私はピーターパンではなくウェンディなのだ

明日明後日テストがある

全然対策をしていないどころか、課題すらこなしていないので、今日はココアを片手に貫徹コースかもしれない

というか、一度寝てしまうと7時40分からの合奏に間に合える気がしない

よし、やるぞ!