読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空白

そこに描き出すしかないのだもの。

君を笑わせてるだけなんだ

「ひとりごと」を聴くたびに考えること

あたしには無条件で優しくできる相手、というのがいる

それは自分の近くにいる後輩なんだけれど

吹奏楽であったり、生徒会であったり、習字であったりする場所で出会うあの子たちは、無条件に大切だなぁ、と思う

最後まで先輩に恵まれなかった、今さら蒸し返す気はないが

あの経験のお陰で、あたしはすごく「先輩」というものに執着するようになった

いい意味でもわるい意味でも

自分がされて嫌だったこと、されなくて嫌だったこと、どちらも妙な具合に、覚えて、いて

なかなか後輩に恵まれなかったこと

最終的にとっても素敵な後輩がやってきてくれたこと

その子とさよならしなくちゃならないときが来たこと

どれもが大切な思い出で

それらすべての過程であたしは「後輩」に対してある種の愛を感じ続けている

たった1年や2年長く生きたところで何を知っているわけでもない

だけど、彼や彼女にとってあたしは「先輩」なのだ

その意識がいつもどこか、根底にある

ふしやちぃちゃんや係長やたかやみっちゃん、みんなすっごく大好き

それでもあたしの本当の意味での後輩は、永遠にあの子だけなのだ

そしてあたしは永遠にあの子の先輩であり続ける

そう約束した

手紙を、送った

どうでもいい相手にはいくらでも優しくできる

どうでもよくなんかないのに、優しくせずにはいられない出会いに

心から感謝しています

ああ、とても、逢いたいな

2月には、来てくれるかな

愛してさえ、いるのかもしれない

面と向かってなんて、言ってやらないけれど

永遠のさよならなんて、ないんだから