読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空白

そこに描き出すしかないのだもの。

どうせ一度なら心が向かうまま花泥棒

月に1回は書き残しておきたいというきもちは持っているのにどうなってるんだ。5月と6月がどこかに消えてしまった。そんなに忙しくしている訳でもないのに。

 

6月中旬にこの世で一番すきな後輩に会ってきた。

ちょう愛しくて、全然はなす時間たりなかったな。もっともっと聞いてあげたい。

あの子の人生にわたしがいたことを誇りにおもうし、わたしの人生にあの子がいることがうれしくて仕方がない。

 

5月の企画は結局、自分では全然納得なんかしていなかったのに、それなりに評価してくれる人もいて、もう何がどうなのかよくわかんない。

6月の後半は、まだできる、という余力を見透かされて指摘されて落ち込む。

わたしは何がしたいんだ、どうなりたいんだ。

「3年目ってひととおりできるようになって、でも次のステップに踏み出すのがすごくおっくうなんだよね」と言ってくれた他社の先輩はすごい。そのとおりすぎて。

わたしはどうも、そんなつもりはまったくないのに、無意識に人を見下しているようで、それって最低だとおもうんだけど、無意識だから困る。

あと、責任のとれない言動をとるのいい加減やめようよ。

あ〜書いてたらまた落ち込んできた。

 

あんまり落ち込んでるから、この金・土、約1ヶ月ぶりの予定のない連休、すべてをほっぽり出して岡山に帰ってきた。

髪の毛10センチくらい切って、それでゆるされたり変われたりするものでもないけど、いまのわたしにはそれが必要だった。

めっちゃかわいい服も買った。服はかわいい。

おかあさんのおいしいごはんを食べてると、悩みとか抱えている課題とかがどうでもよくなる。おいしいは幸せだ!

おいしいお酒をおいしいとおもいながら飲むためには、親しい人の存在って不可欠なんだろうなあ。

そのおかあさんはこの秋、15年勤めた会社をやめる。

弟はいろいろあったけどようやく落ち着いた。

来週は恋人にも会う。交際を始めてから3度目のお誕生日。早い。

 

「やりたいことをしたらいいんだよ」って言われると困ってしまうのなんとかしたい。選択肢を提示されないと選べないの、だめなんだってわかってるのに、なんでもたのしいし、なんでもわりとどうでもいいや〜っておもってる。よくない。

じぶんの興味のベクトルときちんと向き合うこと。

成長するためにはこの時間も必要なんだ。

成長したいかしたくないかと言えば、したい。

今のままじゃだめだ。今はよくても10年先、20年先、つらい。

指摘してもらえるというのは、変化できるという期待をかけてもらってるということ。

たぶんちゃんと理解してる。追いつけないじぶんがくやしいだけ、もどかしいだけ。

いまはそういう時季、そういうふうにすら、先週は思えなかったから、だめな自分のだめさに落ち込むばかりだったから、やっぱり帰ってよかったな。

頑張って、失敗して、もう一度頑張って、それでもだめだったら、もう一度考えればいい。教えてもらえばいい。

考えたり落ち込んだりする余裕ないくらい、忙しくしよう。

夏が、はじまるのだし。