読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空白

そこに描き出すしかないのだもの。

ここにいる抱き合いたいここにいる

福山に来てちょうど1年。

わたしは成長できている?分からない。

強く(つまりは鈍感に)なった気は、とてもするのだ。

あしたからは後輩もできる。

 

ちょっといやな出来事があって、きのうの夜から岡山に帰って恋人に存分に甘やかされてきた。

このまちのことを嫌いではまったくない、でも、失いたくないとおもうほど大切な人には出会えていない。

このまちは、わたしのまちではない、という、岡山に帰ったとき、福山に戻ったとき、去来する気持ち。

さみしさ、愛しさ、依存心はぐんぐんと育つ。厄介だ。

いつ、一緒に暮らせるようになるかなあ。

 

信頼、信用を裏切られるととてもかなしい。

怒りという感情が基本的に欠落しているので、それに通じるのであろう、ネガティブに針が振れる出来事があると、悲しみが先立つ。

わたしは信じて、いたのに。

「女」を使って働くことをしないのはわたしの矜持であるのに、それを踏みにじられたようで。

でもまあ2年、この業界で働いていると割り切るとか、諦めるとかはうまくなる。

それがいいのかどうかは、やっぱりよく分からない。

いま一緒に働いているひとは、すごく怒りの感情がつよくて、そのエネルギーにぶつかるたびにとても消耗してしまう。

理由としてはまっとうだとも思うし、その感情を抱くのは仕方ないのだと理解はできるが、大人なんだから我慢しなよ、と半ば白々しく、呆れてしまう。

他人への怒りで、わたしまで嫌な気持ちにさせられたり傷つけられたりする必要は、きっとない、よなあ。

あしたからの仕事のことを考えるとゆううつしか生まれない。

どんなときでも、どんな状況でも、やるべきことは、やらなければいけないんだよ、大人なんだから。「やりたくないから、やらない」は許されてはいけない。

 

「小さいおうち」を観ている。こういう安らかな邦画を映画館で観ようとは思わないけれど、いいものだ。

黒木華かわいい。

本を読んだり、文章を書いたりするエネルギーがなかなか出てこない。

実は週末に締め切りを控えていて、困ったな。5千字だ。

スタンダードが400字、長くて750字の日々を過ごしている、ので。

集中力が落ちていれば語彙も失われていて、かなしみ。

リハビリをかねて、散文を書き散らかす。