読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空白

そこに描き出すしかないのだもの。

昨日よりも深い場所で君と出逢いたい

ちかくの図書館が、わりにCDも充実していて、ミスチルなんかも置いてあるので、借りてきて聴いてはその音楽のもつ密度と熱量にあらためて気づかされ、ながく一線で活動するアーティストにはそれなりの理由があるのだなあなんて当たり前のことをおもったり、する。

 

今日から3連休。福山に異動してきてはじめての、ほんとうにからっぽの休日。

明日はいくつかの用事を済ませに、岡山に帰るつもりだけれど。

昨日の夜いつも通り、日付が変わるくらいに眠って、1度9時過ぎに起きて母親と電話をして、枕元に置いてあった本を読んで、二度寝したら、なんと目覚めたのが15時半であった。寝過ぎだろう。

この1ヶ月はかなりいろいろなことがあったので、1年間働き、1つ1つの出来事に対し、激しく消耗するということはなくなったものの(1つ1つの出来事に対する思い入れや感性が鈍ってしまったのだとしたら、それはすこしかなしいことのような気もするが、生きていくためには、それが必要なのだ)、澱のような疲労として蓄積していたのだろう。

溜め込んでいたものを弛緩したようなかんじ。元気じゃなかったわけじゃないけれど、かなり健やかになった気がする。

 

2月末。父親が事故をして、3週間程度の入院、2ヶ月の休職に入る。

3月頭。異動。異動2日目でけっこう大きめの事故が管轄の市内で発生し、比較的忙殺される。中旬には地震まであったりする。

3月末。祖父が体調を崩す。弟が人身事故を起こす。恋人と尾道に旅行に行く。管轄の市内で5年前の殺人事件の犯人が逮捕される。

4月頭。祖父が亡くなる。母方のおばが死亡事故を起こす。

 

こうして記述してみるとやっぱりけっこうハードだったな。

この仕事をしていなければ関係のないものも多くあるけれど、この仕事をしている限り仕方がない。

わたしでさえかなり参っていたのに、母親の心労やいかばかりか。倒れなければいいのだけど。

そんなこともあって、最近よく母親と連絡を取り合っているのだけど、やはり母親と娘っていうのは特別なんだなあってつよく感じる。

おいしいものを食べに連れて行ってあげたい。

その割には精神的には安定しているので、明日からは岡山に帰っていつもわたしの愚痴を聞いたりしてくれている恋人くんにおもいっきり尽くす予定!うまくできるかは、わからないけれど。

まあ安定しているわりに食事をうまくできない周期が長いこと続いているのだけど、これはわたしの悪い癖のようなものなので、そのうち落ち着くだろう、と流れに身を任せている。そこまで深刻なものでもなく、死ぬ訳じゃないし。

 

ユニクロフレンチリネン100%の プレミアムリネンシャツ:NEWS TOPICS - UNIQLO

f:id:melow1218:20140410202643p:plain

 

ひじょうに好みです。アイロンがきれいにかかるのも気分がいい。

値段も手頃なので、各カラーそろえて昨年購入したリネンのジャケットに合わせて春から夏にかけてヘビーユーズしたい。

仕事柄オフィスカジュアル的な服装を求められ、そうなるとナイロンとかアクリルとかの化繊素材の服も多くなってしまうのだけど、綿や麻の服を着るとやっぱり安心する。

しわになりやすかったり縮みやすかったりはするけれど、手間がかかる分愛着もわくし、丈夫だし。

明日は新しい革靴も見にゆこう。

春は出会いと別れの季節なのだから、。