読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空白

そこに描き出すしかないのだもの。

生ぬるいだけの蔦を幻だと伝えて

時の流れは無常だ。
すこし油断をしていたら、平気に一ヶ月、二ヶ月と過ぎて行ってしまう。
年齢を経るごとに体感時間は短くなっていくらしいけれど、どうなのかしら。
年の瀬ですら、もはや目と鼻の先にある。

げんきです。
9月は集中講義→帰省→集中講義で過ぎて行きました。
どんだけ実家すきなの、と聞かれると返事に困る。
母校の体育祭を見に行って元彼に会って、欲目を差し引いてもわたしと付き合っていた時のほうがイケメンで、いい恋していないんだなあとおもった。
知っている後輩も先生もいなくなって、そろそろ潮時かなあ。
OB会にはまだまだ顔を出せるけれど。世代交代の時期。
オノヨーコ展を観に行ったり、友達の友達に会ったり、そういうこともしていて、週に一度は住んでいるところを離れられたので呼吸困難にならずにすんだ。
だからここで吐き出す必要がなかったのかもしれない。

一大イベントとしては、9月の終わりから自動車学校に通い始めました。
入校式の日に違うバスに乗ってしまって、入校が一週間遅れて精子と卵子からやり直したいきもちになった以外はわりと順調、だとおもう。
来週には一段階が終わって路上に出れたらいいな、というかんじ。
両親からは「絶対運転するな」と言われているけれど、運転たのしいよ…。
せっかく高いお金を出しているのだから、もったいない気がするんだけどなあ。

後期は授業がもう3つしかなくて、単位をとらなかったり単位をとりおわっていたり(同じ授業名で先生が違ったりするだけだから)する授業が5つほどあります。
5つって具体的に数字にしてみると多いな。
いまはそのうちのひとつを休んでここに更新中。
この週末バイト、バイトで、うまく休み切れていないので、ぐらぐらしている。
郵便局と銀行に行って、授業に出るのよ、わたし!

独検を受けようと思って、3級は大丈夫な気がするんだけど2級はとても微妙なラインだから併願しようとしている。
ひさしぶりに本気出して勉強する。
がんばる。ドイツ語すき。

祖母の具合がよくないらしい。
順番だから、仕方ないね。
わたしは決しておばあちゃん子ではなかったけれど、いい孫であることはできましたか。
せめて残された時間を、穏やかに過ごしてくれるといい。
お正月には、会いに行こう。
よわっていく人に会うのは、とてもエネルギーを奪われるけれど、決して目を逸らしてはならないの。
私の名前の一文字は、あなたのもの。あなたはたしかにわたしの一部。

今週末両親の結婚記念日なので、いつものケーキを贈った。
家族、ということについて、ぼんやりと考え続けている。