読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空白

そこに描き出すしかないのだもの。

信じて疑って足がすくんでも

バイトもサークルもさぼっちゃったーー

今日はがっつりひきこもってやんよ

はきそうはきそう

二日酔いじゃないよ(苦笑)

末端に血が通わないかんじ

女々しいのや

うじうじしたのや

めんどくさいのは

好もしくない、

のだけれども

そうなっちゃうときもあるよね、

だって、女の子だもん!

昨日一緒に10時半に抜ければよかったなぁ

石橋の介抱を初体験

まったくうれしくない

うだうだ考えすぎてあたまいたい

一昨日オケのほうから

役職に就いてくれという要請があり

中高に青春を置いてきた僕としては

もうまるで余生のように

大学生活を送るつもりでいたのだから

そりゃあもういやでいやで

もはやすべてを

放り投げてしまいたくなったのだけど

実際人がいないので

中途半端な責任感が邪魔をして

体調のこととかもいろいろあるのに

結局引き受けてしまったわけです

肩書きを持つとこうやって

不調を理由に休むこともできなくなる

そんな感じで憂鬱になっていたとき

元彼からメールが来て

(要約すると)

「あれからもう1年経つね。

約束覚えてる?」

的な内容だったんですけど

返事してないんですけど

人が必死で思い出として

美化しようと努めてる時計の針を

無理やり動かすようなことをするんだ

いらいら

約束ってなんだよ、どれだよ

勝手に結んで勝手に裏切ったのは向こう

お互い新しい恋人もいる

こういうことになりたくなかったから

5月の時点でちゃんと言っておいたのに

その差は1年といえども

彼の幼さと愚かさに

嘆息せずにはいられないのだった

なんだかもう疲れてしまったよ

というようなことを

ぐちぐち言いたかったのに

あれはあれで最近大変そうで

火曜以来構ってもらっていなくて

さっき電話した

夕方来てくれる(かもしれない)らしい

王子さまの登場にはすこし遅いよね

わたしって所詮それくらいの

優先順位なんだ、ってなる

自分で考えて落ち込む

いらない子っておもわれたり

拒絶されたりするの

すごいこわいんだよなぁ

いつだって求められたい

弱さとか醜態を曝け出しなさいと言うが

そんなの難しすぎるよ

無理するな、って言われるけど

どういうのが無理なのかよくわかんない