読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空白

そこに描き出すしかないのだもの。

つま先で立つ本当ガキだ

こっちの更新の頻度と

あっちの更新の頻度は

見事に反比例だ

なんと健気な自制だろう!

この涙は

この痛みは

ひとり飲み下し乗り越えなければならないものなのだ

それもおそらく永遠に、

髪が伸びてくると

重みですとーんとなってしまう

切りたいんだけど

卒業後入学式前に

しっかりばっちり切りたいという

ジレンマ!

最近は仕方なく巻いてる

前髪だけは

2次後卒業式前に

めぢから仕様に

してもらうかな

絶妙の時間配分で

国語が解けたときのこの喜び!

だいぶ勘を取り戻したような

そうでもないような

大阪との相性の悪さは相変わらず

なんであんなにとびとびなの…

解答を構成する最中に

迷子になってしまうよ

東北の99後期の問題

「Once apon a timeで始まりhappily ever afterで終わる100字程度の文章を書け(自作、他作は問わない)」

Once upon a time, there was a very beautiful girl.

She was kind and loved animal. but she was alone because she had no family and she was blind.

One day, she heard the sound the door knocked.

When she opend the door,there was the injured rabbit.

She was cure the rabbit with great kindness.

Several days after, the rabbit became fine and spoke to her,

"I would grant your dream."

She was very surprised and said with a big smile.

"To live you together for ever!"

After all, they had been lived togher happily ever after.

(99語)

我ながら名作