読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空白

そこに描き出すしかないのだもの。

運命よりも互いを信じていた

ちっぽけな(だけれど/だから)かけがえのない、いのち、の、おはなし

 
犬を2匹飼っています そのうちの片方が、お星様、に、なってしまいました 朝は、普段通りだったのに 帰ってきたら、もういなくて せめて、ばいばい、と、言いたかったなぁ! 彼は今も、私たち家族の胸の中にいるし 彼と過ごした12年間のことは絶対絶対忘れません 私が高校に上がってから、かわりばんこだったお散歩が弟の役目になってしまって 弟は、僕のせいだと、自分を責めています 弟も受験生なので、最近勉強が忙しくてきちんと世話できていなかったからだって でも、そんなはずないんです 誰のせいでも、ないんです いのちはいつか、終わるものだから それがあんまり突然だったせいで、今は上手に受け入れられないけれど あの子が私たちを心配しないで 安らかに眠れるよう、私たちは私たちの「いま」を、精一杯に生きなくちゃいけないんです あの子が最後に食べたご飯は、大好きだった魚の骨でした きっと、うれしかったよね?おいしかったよね? 私たちの家に来て、幸せでしたか? 何も言えないあなたは、たくさんたくさん痛かったのかもしれない、たくさんたくさん我慢していたのかもしれない ごめんね、もっともっと、一緒の思い出を作りたかったね 死がとても身近な場所で、50日を過ごしてきました そこにあるのはいつも恐怖と、そしてある種の諦観で その諦観に、飲み込まれそうになった夜が、いくつもありました そのたびに周囲に支えられてなんとか光を取り戻して 生きるためには、すごいエネルギーが必要で 同時に呼吸して心臓動かして泣いて笑ってって、やめてしまえば楽になれるんです でもやめないで生き続ける それは、それだけで十分誇れる行為なんです だから、彼を、心から誇りにおもいます ありがとう、であえて、よかった