読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空白

そこに描き出すしかないのだもの。

伝えたい気持ちだらけってこと

「他の人を愛しても他の人でしかありません」

彼が彼のブログに書いた歌詞を読んで

一昨日私が送ったメールを読んで

彼から送られてきたメールを読んで

わかれたんだ

という実感が

やっと迫ってきて

深夜にも関わらず

声を上げて泣きました

絶対的な睡眠が足りない身体に

無理矢理笑顔を張り付けて行った学校は

予想外に負担だったみたいで

昨日の午後はずっとひどい頭痛がしていた

今日は好きな授業ばかり

そのあとには芸術鑑賞会

笑っていなくていい

(隠さずに泣いたっていい、暗がりの中だもの)

求め続ける音の渦の中で

だいじょうぶ、がんばれる

お互いがお互いのことを

すごくすごく好きで

好きすぎるから

別れてしまった

これからもお互いのことを

すごくすごく好きなまま

他の誰かを愛して

他の誰かに愛されて

生きていく

その悲しみがかたまりとなって

胸につかえる、長い長い夜

いつかいつの間にか

ゆるやかに溶けていくのかな

愛しみに変わる日が来るのかな

今はちょっと、わかんないや

大事だなんてこと

居なくなる前から気付いていたよ、でもね

本当の存在は居なくなってもここに居るよ

本当のありがとうはありがとうじゃ足りないんだけど

それでも言わせて

ありがとう、

ずっとずっと、