読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空白

そこに描き出すしかないのだもの。

あの泣き声はいつかの自分のもの

私は神様にはなれない

だからせめて魔法使いになってやりたくて

でもなれなくて

その度自分の非力に打ちのめされる

自分にできないことを数え上げて

できることまでできなくなる瞬間

その度自分の限界を見る

夜は嫌いだ

できないことばかりが増えていく

いつも不敵に笑っていたいのに

臆病な自分ばかりが顔を出すから

写真を撮られるのも嫌い

いつかはそこをいなくなるはずなのに

自分の姿を残すなんていうのは薄気味悪い

自分の姿の醜さを残すのだから(それも永遠に!)

厭世的になってる

暗くなってるのとは違う

いろいろ考えてるだけ

考えるのはわるいことじゃない

結論が見えるか見えないかには重心はなくて

考える、その行為そのものに惹かれてる

だから…

…だから、なんなんだろう?

ぐるぐるぐるぐる、世界が捻れるよ

ちょっと、酔いそう