読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空白

そこに描き出すしかないのだもの。

叫んでやれ絞った声で

男の子に号泣されるのは初めてだった

あの子自身も、こんなに泣いたのは小2でおばあちゃんが死んだとき以来です、って言っていたけれど

その涙が悲しいからなのか、うれしいからなのか、安心したからなのか、お互いにわからなくて

私も少し泣いて

向こうは70分くらいの通話中60分は泣いてたけどね

お互い、不安でたまらないんだ

好きすぎて辛い、なんて

やっぱり私の中のネガティブさんは、だめだなぁ

心配を、かけてしまう

非力を、嘆かせてしまう

そこにいてくれるだけで、いいのに、そこにいてくれるだけで、十分すぎるくらいに、幸せなのに

つい、考えてはいけないこと、考えなくてもいいことを考えすぎてしまうから

うーん、むずかしい

こればかりは既に性格だから

向こうにも慣れてもらうしか

でも今回のことでだいぶ、わかり合えた感じ

よかった

あの子の体調がよくなればもう、それですべて、

今日は何事もなかったように話して一緒に帰りました

ねぇ、

あなたがあなたであるということを、

わたしはあいしているんだよ