読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空白

そこに描き出すしかないのだもの。

与え許し合える人と

さむいです

でもここまでさむいといさぎよくて、あたしはすきです

冬が、来ている

ジョージ・ウィンストンのピアノにジャポニスムを感じる季節

グレゴリオ聖歌とかバッハ大先生とか歓びの歌もいいなぁ

手袋がとても苦手、もはや嫌いなのですが、今年は、買おうかな

マフラーも、ほしい

曇り空色のショートダッフルやトレンチに合うような

ありえない、と嘆くんじゃなくて

それも現実と受け止めて

前に進むことを覚えてほしいです

というのは、通り過ぎた者だけが、ゆえること

今日は水曜日なのにせんせいに会えなかった

出張、だったのかな

もとよりこの時間はおとなしくしておくつもりだったから構わないのだが

月曜の朝には1度、提出しておきたいな

ところでかじかんだ手で走り書いたあたしの字は読めたもんじゃありません

普段はそんなに汚いほうじゃ、ないと思う…

うーん

ちなみに鉛筆だと惨憺たる、感じだから、使用した筆記具は赤ペンと万年筆

これはこれで味が(ありません)

明日は強行スケジュールにでます

ほんとは午前で終わるハッピーな日であるはずなのに

楽しみが待ってるからなんでも乗り切れる、気がしてしまうよ

明後日、本番だから、ね

緊張感はまったくないんだけど

<ここから愚痴>

部長として一つでも完遂していると胸を張って言えることがあるの?

前の前の部長は彼女より家は遠かったはずだけど必ず1番最後まで残っていた

前の部長は必ず1番に朝練に来ていた

彼女は朝も放課後も他の幹部に任せっぱなしで、指示も二転三転する

そりゃ返事も出来ないよ

いまさらスカート下ろしたところで説得力も何もないよね

お調子者なのは知ってるし、選んだのはあたしたちだ

でも理不尽に泣かれたり腹を立てられたりしたって困る

楽器の上手下手とは関係ない、それ以前だから

要は器が小さいんだろう

</愚痴終わり>

2月がとーっても

不安なんだぜ!