読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空白

そこに描き出すしかないのだもの。

いつしか眠りについた君

体調のほうは本調子には程遠いみたい

というわけでもうお布団の中

また自己嫌悪してしまうんだろう

しかし眠たくはないんだこれが

今日は三省堂書店と丸善と紀伊国屋に足を運びました

あたしはCD買わないからよくわかんないんだけどタワレコとHMVと新星堂みたいな感じなのかな

個人的には丸善が1番好み

文房具が充実していること、フロアが見渡せること、あとはやっぱり品揃え

本棚低めなのも通路が広めなのも優しいね、段差はちょっと多いけれど

お小遣いもらったらモレスキンのREPORTERを買いに行く

さっきインターネットで調べてみたらやっぱり欲しくなったので

ちなみに今日の軍資金は貯金を切り崩しました

言うこととすることが矛盾しているのは仕様です

残念ながらNo.6の2巻が切れていて(なぜか1巻と3巻はあって、なぜかその2つはあたしも持っている)紀伊国屋まで進出せざるを得なかったのだけど、それさえあればほんと文句なしの丸善でした

だってパーカーのブルーブラックのカートリッジがすぐに出てくるなんて

とっとと行っとけばよかった

あ、万年筆の話です

自分で買いながら渋い女子高生だとは、うん、なんとなく

今回初めて洋書コーナーにも進出してみた

そこで一目惚れして思わず購入

「ムーミン谷の冬」

わ、わりびきされてたうえにあんまりかわいかったものだから…!

「ムーミン谷の11月」

も欲しかったんだけど、2冊で1冊くらいの値段だったし

でも読む時間…なんてことも考えてしまって今回はばいばい

こういうのがあるんなら本好きとしては行ってみなくちゃ、ね

ペーパーバックも豊富だったから映画ファンの人も楽しめるんじゃないかな

あたしは映画は途中で飽きてしまうんだ

あと韓国のすごい親日家なボーイフレンドに送ったげたい資料もたくさんあった

その前にメールの返事送ったほうがいいよね、かれこれ3ヶ月経ってる(…)

ってゆうかあたしTOEICの問題集は?←

化学と漢検の参考書も買わなきゃーおかしーなーどこでムーミンに変わっちゃったのかしら

このへんは親を連れていけばいいか

三省堂はまだ新しいので発展途上な印象

左と右で全然雰囲気が違うのはけじめがつけられていて好感度高い

文房具は正面の無印良品で買えばよろしい

同じ駅構内に居を構え現在改装中の弘栄堂書店がどう出るか楽しみ

セルバは駅前にあるのは広々としていて好き

駅の中にあるのはすごく縦長で、あの圧迫感はとても苦手

となりがマツモトキヨシなのもあり落ち着かない

紀伊国屋は正直なところ、うーん…

とにかく狭くてごちゃごちゃしてる

また狭くなってた気がする

どこに何があるかわかりにくい

これは慣れもあるかな

検索システムもあるみたいだけど、どうしても対応に限界は見える

ちょっと高めのお店が多いビルの5階の一部と6階というのも足が遠のきがちな理由かな

どこにもなくて仕方なく行く、という要素は強い

蔵書は多いから

しかし文房具のあの陳列はない

ちなみにいつも使っている駅の近くにあるミネルバというローカルかつコアな書店は店頭で変質者に声をかけられて以来よほど切迫した資料の必要がない限り行きません

そんなことめったにありません

そうだ、資料で思い出した

県立図書館に延長の電話かけなきゃ

図書館でも語れるのですが地名が出ちゃう上そろそろ飽きたのでやめときます

おやすみなさーい