読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空白

そこに描き出すしかないのだもの。

さあ時は来た 繋いだ手を離すんだよ

ラ・ラ・ランドを観て来ました。 衣装がきれいで、音楽が魅力的で、鑑賞後には多幸感と絶望感が共存するふしぎな作品。ネタバレになってしまうけれど、やさしくない逃げ恥のエンドロールみたいなかんじ。でもこっちのほうがきっとリアル。 女でよかったな。 …

かわいたかぜ ゆらいだまち

勝手によわっている。 来月あたまが締め切りの大きめのおしごとを担当させてもらっていて、たぶんこの年次でそれを託してもらえるというのは評価してもらっているということで、できないことは言われないとおもうんだけど、ざんねんなことにそのテーマになん…

何も善いとは思へない 余り憤慨もしない

2017年は穏やかに過ごしたい。 2016年は散々でした! 上司からのハラスメントに始まり、異動。引っ越し、熊本出張、選挙、家族の失踪・借金・帰還、そして恋人との別れ。 どのようなことからも、学ぶべきことはあるはずだし、いずれも結果はどうであ…

ささやかな喜びをつぶれるほど抱きしめて

すり減っている。 約3年ぶりに、弟が家出してしまった。やっとここまで来たのに。 家に帰らなくなって、3日目。原因はお金の管理のできなさ。 くやしいし、情けないし。 彼の人生は彼にしか操れないのだ。 逃げたからといって、どうなるものでもない。 対…

響くようなメーデー

およそ半年。なんてこと。半年だって。 綴らずして生きていくことなどできないような気がしていたのに、そんなことはなくて。なんて酷薄な生き物なのだろう。 言葉として、文字として、残してゆく、記録してゆくことの重みを、忘れてしまったわけではないの…

踊るしかないや夜明けまで

秋などという美しい季節だ。 きょうはスーパームーンとかで、なんとなくゆるやかに身体が重たいのはおそらくそのせい。恋人はまったく分からない、というけれど、月の満ち欠けと身体の調子が連携しているのはきっと女性なら誰しもすこしは経験したことがある…

風船を触るように爪を立てないように

8月。 夏は旅のいろ、そしてにおい。 できるだけ情報を遮断することで、そしてその雰囲気がもっとも色濃い時季に合わせておやすみをいただくことで、同じ土地にいながらも、昨年のようないっぱいいっぱいの閉塞感はない。こうして、年々じぶんをだまくらか…

どうせ一度なら心が向かうまま花泥棒

月に1回は書き残しておきたいというきもちは持っているのにどうなってるんだ。5月と6月がどこかに消えてしまった。そんなに忙しくしている訳でもないのに。 6月中旬にこの世で一番すきな後輩に会ってきた。 ちょう愛しくて、全然はなす時間たりなかった…

募る愛情は君をすり抜けて僕をもうつまらない過去にする

ひさびさびっくりな具合のわるさです。 年末アナ雪を観たときもおもったけど、録画してたラプンツェルでも、さすがディズニーはディズニーだなっておもう。ディズニーランド行きたい。 音楽はどんなときでも救ってくれるからずるい。 楽器が吹きたい(当然、…

ここにいる抱き合いたいここにいる

福山に来てちょうど1年。 わたしは成長できている?分からない。 強く(つまりは鈍感に)なった気は、とてもするのだ。 あしたからは後輩もできる。 ちょっといやな出来事があって、きのうの夜から岡山に帰って恋人に存分に甘やかされてきた。 このまちのこ…

ミルク色に煙る街を裸足で歩いている

どきどきしながらワーグナーを聴いている。 なぜかうまくパソコンにCDが読み込めなくなってしまった。 音楽なんて本来的には瞬間瞬間の芸術であるのだからして、保存、および繰り返し聴こうなんて発想自体がおこがましいのだ。 コンサートに行きたいなあ。ラ…

それはすべて永遠のため未来の向こうへ行くため

気付けば24歳になっていました。はにゃあ。 ブログ形式での記述を始めておそらく10年です。信じられん! 10年ひと昔とはよく言ったもので、mac book airを愛機にしているなんて思ってもいなかったよ。当たり前か。 相も変わらず書くことは大好きです。そ…

いつまでも人は迷路のように 心の中に闇をもって

ひさしぶりのお休みだというのにおなかの調子がわるい。 このあと休日出勤して遊園地にイルミネーションの撮影(ひとりで!)行かないといけないのに・・・。 衆院が解散してしまった〜。 「能楽」をテーマに5回連載を持たせてもらって、それなりにかたちに…

あなたがいなければ 色が無い絵になるんだ

台風のおやすみの日。そろそろ落ち着いたかな。 出勤だったらゆううつ極まりないのだけど、月に1度の全社的にゆっくりできる日なので、雨の音を聴きながら、好きな音楽を流して好きな本を読むの、至福だ。 職場で基本的に2つ上の男の先輩と2人で働いてい…

ただ願うんだ できるだけ遠くへ飛べ

唐突にめがねを購入。 説得力のないアイテムには定評があります。 いまはふわふわパーマだし明らかにサブカル女子。 9月、びっくりするくらい早く早く過ぎ去って行く。 本も全然読めてない。毎日どろどろになるくらい疲れている。 たいしたことをしているわ…

新たな鼓動の律動を知るために

秋の足音が聞こえる。 知らぬ間に夏が立ち去ってゆく。 中高生のころ、夏はしんどくくるしい季節だった。 だからこそ、得られるものも大きく、多少なりとも得られるその「手応え」を頼りにしていた。 大学生や社会人と呼ばれるものになると、自分で自分に課…

見つめるだけで悲しいことなど忘れそうになる

昨日は彼氏の誕生日でした。 先月はわたしが行ったので今月は来てくれる。 岡山行くのはいいんだけれど彼の家はユニットバスなのと、台所が狭いのと、車がとめられないのでささやかにストレスが積もってしまう。。。 先週は3日しか働かないのに、あまり調子…

冷たいナイフと暖かい果実

おもったより日が空いてしまった。 書こう、書きたい、書かなきゃという意識はあるのだけれど。 その意識さえなくなってしまったらもうだめだ。 書く仕事をしている。 でも、それはわたしの言葉ではあるけれど、わたしの言葉ではない。 わたしの言葉の紡ぎ方…

僕がいるこの場所は少し窮屈だけれど

梅雨入り。 しとしととした雨の音はわりとすき。 先週はひさしぶりにしんどかったー。 火曜日の早朝(午前4時)に呼び出され、そのまま6連勤。 単純に体力で負けてしまう。 その前の土日も、中高の友達と熊本の黒川温泉に旅行に行っていて、それ自体はとっ…

空っぽになって転げ回る遠く淡い模様

腰が痛い。泣き喚きたいような不安定さがずっと続いている。評価されるために働いているわけではないけれど、マイナスな評価を与えられるいわれはないはずなの。それなりにプライド持ってるよ。実力がともなわないというのは、かなしい。えらくならねば。母…

たとえばゆるい幸せがだらっと続いたとする

涙がとてもちかいところでつっかえているかんじがする。 かなしいことがあったわけではない。 絶望するのはいつだって簡単だ。 先週ちょっとしたミスを連発して、信頼関係でやっていかなければいけない職場で、信頼と甘えを履き違えてしまってべこべことへこ…

昨日よりも深い場所で君と出逢いたい

ちかくの図書館が、わりにCDも充実していて、ミスチルなんかも置いてあるので、借りてきて聴いてはその音楽のもつ密度と熱量にあらためて気づかされ、ながく一線で活動するアーティストにはそれなりの理由があるのだなあなんて当たり前のことをおもったり、…

雨は空から落ちて すべてを濡らしていった

3月も終わりゆく。 環境の変化というのがどうも苦手だ。 感情のコントロールがいつにも増してうまくいかなくなる、。 ずっととなりにいてくれた人とすこし離れてしまったので、その距離のぶんだけ、呼吸がしづらくなる。 福山は、わるくない。 それなりにほ…

どうか正夢 君と会えたら

明日の午後引っ越しです。 まったく!準備が!進まない! やるべきことをやらないのはよくないよ(ホリーガーデンの芹沢さん)という精神で生きているのだけども、逆算した結果、なんとかなるだろう、に落ち着いてしまっているので、だめだめですね。 とりあ…

忘れかけた 本当は忘れたくない 君の名をなぞる

異動が決まった。 3月1日付で、福山へ配属。出たり入ったりだ。 懸念していた通りになってしまって、くやしいしかなしいしさみしいけれど、こればかりは仕方がない。 いまいる部署はしんどい、大変だと言われるけれどやっぱり花形で、そこでもっと巧くなり…

息を吸って 生命を食べて

頭の中で、なぜかAKGの「新世紀のラブソング」が鳴り止まなかったので、イヤホンを装着して、今冬すこし奮発して買ったリーガルのブーツを履いてぐんぐん歩く。 約1時間、往復4キロ。 オレンジ色のガーベラを連れて帰る。先週買ったスイートピーは見た目の…

乾いて 結んで 揺らして 離した

積読本が溜まっている。 図書館のヘビーユーザーだったのと、時間はあるけどお金はないタイプだったのでこういうのは初めて。 本を買うという習慣があまりなかったので、本を売るという習慣もあまりない。 今年は去年よりは読みたい。多分過去最高に読めてな…

一度きりの魔球を投げ抜く

今年の目標は、注意深く生きること。 初売りでかわいいコートが安く買えたのでうれしい!

繋いでいたいよ 君の声が聞こえた日から

社会人、と呼ばれる立場になって、もうしばらくたつけれど、わたしは全然まだまだ子どもで、女で、無力さの前に立ち尽くして呆然と電話をかけてしまうことがある。 ただわたしは、守られることになんの抵抗もないので、その生き方を、とくに同世代の同性の同…

つかみたいよ本当はほしい 優しい手

23歳になりました。これからも生き抜く。惰性と怠慢は罪悪だ!

誰の体もいつかはなくなって永遠はないのだろう

入社してもうすぐ半年。 思っていた、想像していた、覚悟していた以上に過酷だ。 じぶんの未熟さ、無能力を嘆く日々。 1年かけて元気になったつもりでいたんだけどなあ。 すぐに弱くなってしまって、情けない。 結局一番避けたかった部署になってしまい、 …

時々迷ってもまた歩き出す

連投。 22年も生きていると、「二度と会えない」とおもう人がいる。 「二度と会わない」と決める人がいる。 傷ついて傷つけてそうやってしか生きてこられなくて、 そのときはそうやってしかその時間を切り抜けられなかった。 そのときたしかに欲していた、欲…

行く先は誰にも知らされてないから

おひさしぶりです。 おおむね元気です。 入社1ヶ月で物損事故(自分の過失100パーセント)をやらかしました。 所属がはっきりしないというのは、「何か」が起きてしまったときに、とても難しい。 誰に報告するか。誰に連絡するか。誰に相談するか。 そのよう…

皮肉だけど憎んで さよならありがと

大学を卒業、しました。ここには当然、中学高校を巣立ったときのわたしの軌跡(と書くとなんて大げさななのだろう)が残っているのだけども、そこに比してあまりの温度の低さにびっくりする。逆説的に空隙あるいは空虚というかたちでしかこの4年間は主張を…

不安で泣いた君も、それアンダースタンド

「アンダースタンド」、AKGでいちばんすきな曲。おそらく。その次がマーチングバンド。理解するというやさしさ。否定しないというあたたたかさ。さいきん、数年ぶりにAKGばかり聴いている。明らかに、影響されている。3月!一応月1更新が最低限の目標なので…

何かに笑って何かで怒ってたまに泣いてんだ

1月19日に祖母が息を引き取った。昨年のこの時期に肺がんがわかって、次々といろいろな合併症に見舞われて、とても痛くてつらくてくるしそうで、だから、もうしんどくないね、という気持ちのほうが強い。母は自分の親なので、病気がわかって以来、毎週のよう…

星降る夜二人でおとぎ話作ろう

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。卒論を進めなければいけないのだけど、というか終わらせなければならないのだけど、年末年始現実的なことにかまけていたら心がすっかり卒論から離れてしまっていて、すっかり論文の書き方を忘…

僕の生まれた日はいつもいつもこんな

昨日22歳になりました。家族以外のひとに祝ってもらうようになって、いちばん満ち足りた誕生日だった。こうして次の家族につながっていくのだろうかしらと、ぼんやりしてみたりする。ひさしぶりに、ずぶずぶの愛の中にいる。あったかい。抜け出せない。依存…

宛先のない手紙みたいな

30連勤の11月を乗り越えた。なんとか。ほんとうに、なんとか。やり過ごした、という言葉のほうが、正しいのかもしれない。いくつかの犠牲(主に卒業論文)と引き換えに。しかしもうすこし落ち着くとおもっていたお仕事がそうでもなく、結局2月まで短期はだい…

僕らが隣り合うこの世界は今も

吐いてばかりいる。精神的にも、身体的にも。あまり丈夫な精神にも身体にも生まれついてなどいないのに、11月ははじまる前からゼミとバイトで30連勤というのがわかっていて、ああ、しんどいな、とはおもっていたのだけど、そこに祖母の危篤だなんていう…

涙の理由を知ってるか

うつくしい季節。読んで書いて働く、うつくしい日々。金木犀が烟るように香る。風がやさしい。空が青い。なにが許せなかっただとか受け入れられなかっただとかを言語化することは決してできないことではないのだけれど、そうして研ぎ澄ました言葉の獣が牙を…

好きな人や物が多すぎて見放されてしまいそうだ

新潟から帰ってからの2週間、脳内で椎名林檎の月に負け犬がずっとループしている。あの6日間の呼吸のしやすさは、もはや感動的ですらあった。いつどこにいても誰かから何かから逃げ出したくなってしまうわたしが、帰りたくないと泣く、だなんて。雨に濡れ涙…

正直なざらざらの世界へ

7月後半から8月前半のつぶやきをまとめる。疲れた…。言葉溢れすぎだろう。そんなに特定の誰かと話したい欲求はないんだけれど、聞き耳を立ててくれている人がわかっている場で好き勝手つらつら喋っていろんな思考の破片を拾っていく作業がすきなので、たぶん…

どうせいつか終わる旅を僕と一緒に歌おう

【20120803 夢を追う】ひとやものを軽蔑する言葉を、あまりに無意識に紡げることに、びっくりしてしまうんだよ。うつくしい声で、うつくしい言葉を。いつも心のすみに置いておく。どす黒い感情に飲み込まれてよわっていた日々、繭のような愛情で包み込んで、…

今日も明日も愛と感謝に生きよう

【20120712 公的な幸福、私的な幸福】個人の幸福と公共の福祉としての幸福のダブルスタンダードで生きているので、愛とかいうもので個人の幸福を手に入れられても、もう一方が満たされないから、あんまりしあわせそうに見えないのかもしれないけれど、ちゃん…

どんなとんがった雨からも

七月。2012年も折り返し。砂時計はひっくり返され残り時間がじわじわと減っていく。でも、なんの?非生産的な時間を過ごしていると自己肯定感がどこかに行ってしまう。歪んだ形であっても、わたしを必要としてくれた場所へ帰ることで、あー働きたいなーとお…

悲しくはない 切なさもない

21歳と6ヶ月。あと半年で22歳。信じられないな。いつまでこうして、呼吸を続けていられるんだろう。前回の投稿から2週間。 何かが決定的に変わってしまった気もするし、何も変わっていないような気もする。17歳のあの時止まってしまった時計のゼンマイが巻か…

負けないように枯れないように

内省的になっているとまともなことを考えないのでよくないとはわかっているのだけれど、時間を持て余しているせいで不穏なことばかり考えたり思い出したりしている。ここにはめいっぱい好き放題に書き散らかしているにも関わらず、それでもまだ書いていない…

ガラス玉ひとつ落とされた

くぐり抜けた門の驚くべき狭さに、通り抜けた後に気づいて目が眩む思いをするのは、人生二度目だ。一度目は10年前、そして二度目は10年後。そのキリの良さになんらかの符合を感じてしまうのは考えすぎだろう。日本の3・3・4学制によるものであるとい…

愛が呼ぶほうへ

上手くいきすぎると反動がきそうですこしこわい。マンボウだとかクラゲだとかの人間以外の生物はただ「在る」ということだけで世界が存在しうる。しかしわたしたち人間だけは「語る」こともそこに付随させなければ世界をとじることができない。「語られた」…